スポーツ

我妻悠香のwikiプロフや出身中学・高校!ソフトボールのきっかけは姉?

我妻悠香 wiki プロフィール

東京オリンピックで金メダルが期待されるソフトボール日本代表のエース・上野由岐子投手の期待も大きい捕手の我妻悠香さん。

所属チームのビックカメラ高崎でもバッテリーを組んでいるため連携面もバッチリ。

2008年北京オリンピック以降、野球と共に実施競技から外れたため、東京では久々のオリンピックとなるので盛り上がること間違いなし。

そんな日本代表において試合を統率する捕手の我妻悠香さんについて、wikiプロフィールや出身中学・高校、ソフトボールのきっかけなどを紹介します。

我妻悠香さんのwikiプロフィール

我妻悠香 wiki プロフィール

ビックカメラ高崎に所属している我妻悠香さんは、2017年に主将を務めるなどチームの信頼度も高い選手です。

2015年から日本代表に選ばれ、東京オリンピックでは正捕手として期待されています。

  • 名前:我妻悠香(あがつまはるか)
  • 生年月日:1994年12月18日
  • 出身地:埼玉県
  • 身長:172cm
  • ポジション:キャッチャー
  • 所属:ビックカメラ高崎
  • 投打:右投、左打
  • 個人受賞:ベストナイン1回

チームと代表でバッテリーを組む上野由岐子さんも、「我妻の成長がそのままチームの成長になる」と期待を寄せています。

キャプテンに就任してから2017年に2年ぶりの優勝を飾るなどチームを牽引。

2020年を表す漢字は「決」としているので、オリンピックでもチームでも勝負を決める大仕事をやってくれる気がするんですよね。

座右の銘は「強い弱いは執念の差」ということからも、何が何でも金メダルを獲りにいくという意気込みがうかがえます。

自分の性格をマイペースと表現していますが、普段はチームメイトに対して「イジりキャラ」として有名とのこと。

我妻悠香さんの出身中学・高校!

我妻悠香 wiki プロフィール

我妻悠香さんの出身中学は、埼玉県の川口市立在家(ざいけ)中学校です。

1984年設立と歴史が浅い中学校なのですが、関東大会や全国大会でも優勝争いをするほどの強豪校となっているんです。

高校も埼玉県にある星野高校で、こちらも全国大会で優勝するレベルであり、我妻悠香さんは年代を代表するキャッチャーでした。

高校3年生の時に夏の埼玉県大会準決勝で対戦した伊奈学園総合校の一人、宮下京香さん(現・記者)はそのすごさを記事に書いています。

結果は2-1で星野高校がサヨナラで勝利、その試合では三塁打を打った選手の次のバッターに対して外角を要求、すかさず三塁に牽制してアウトとしています。

このプレーに対して動きも判断も速かったと賞賛し、世界一になれると話しています。

ちなみに、高校1年生の時からインターハイでは優勝を飾り、我妻悠香さんは優秀選手賞に選出されています。

8月に行われた大会なので入学してたった4ヶ月ですが、全国でもトップレベルの捕手だったということが分かりますよね。

我妻悠香さんのソフトボールのきっかけは姉?

我妻悠香 wiki プロフィール

我妻悠香さんがソフトボールを始めたきっかけは、姉が小学生の時に始めたことが関わっています。

姉が入っていたチームのメンバーが足りなくなってしまったことから、我妻悠香さんが誘われたからなのです。

しかも、チームメイト全員からお誘いを受けたというのだから、メンバー全員どうしても試合に出たかったんでしょうね。

仕方なく入ってみたら、いろんなことを覚えていくうちに楽しくなりすぐに県の代表に選ばれていたといいます。

チームにキャッチャーがいなかったために試合にも出られ、他のポジションと比較することもなく最初からキャッチャー一筋。

今では日本に欠かせない存在となった我妻悠香さんですが、お姉さんがいなければ代表どころかソフトボールをやっていなかったのかもしれません。

金メダルを獲って、テレビなりSNSなりでお姉さんの首にかける姿を見せてほしいですよね。

とめとして

ソフトボール日本代表の正捕手・我妻悠香さんがソフトを始めたきっかけは姉のチームに誘われたから。

もしメンバーが足りていたらチームに入っていなかったかもしれないと思うと、何だか不思議ですよね。

ソフトボールは、2024年以降のオリンピックでは再び実施競技から外れるので、ぜひ優勝してくれることを期待しています。