ライフハック

弓削啓太のwikiプロフや高校では甲子園に?世界一になったパスタも紹介!

弓削啓太 wiki プロフ

「パスタ・ワールド・チャンピオンシップ2019」で世界チャンピオンになった、シェフの弓削啓太さん。

パスタ・ワールド・チャンピオンシップは、イタリアの世界最大級の食品メーカーである「バリラ」「アカデミア・バリラ」が共催。

全世界から集まった若手のイタリアンシェフがその腕を競い合い、「パスタ界のワールドカップ」と呼ばれるほどパスタ業界の中では有名な大会なのです。

20191010日から11日にフランスのパリで開催された大会で、弓削啓太さんは日本代表として、見事チャンピオンに輝きました。

そんな弓削啓太さんについて詳しく知りたい!

そして、甲子園球児だったという噂なのですが、高校はどこなのでしょう。

弓削啓太さんが大会で手がけた世界一のパスタも気になります。

今回は、パスタ世界一の弓削啓太さんについて、迫っていきます!

弓削啓太のwikiプロフは?

弓削啓太 wiki プロフ

「パスタ・ワールド・チャンピオンシップ2019」で優勝した弓削啓太さん。

まずは、wikipedia風プロフィールをチェックしてみましょう。

  • 名前:弓削 啓太(ゆげ けいた)
  • 生年月日:1985113(34)
  • 出身地:佐賀県鳥栖市
  • 所属:サローネグループ
  • 店舗:SALONE 2007(神奈川県横浜市)料理長

弓削啓太さんは、高校卒業後、語学留学のためにカナダのバンクーバーに訪れます。

イタリアンレストランで皿洗いのアルバイトを始め、料理の世界がとても新鮮で楽しかったという弓削啓太さん。

弓削啓太さんの良い働きぶりと、楽しそうな様子を見た料理長の薦めで、そのままカナダの料理学校に2年間通います。

料理学校を卒業後、帰国。

フレンチの老舗「シェ・イノ」で、フランス人パティシエのアシスタントとして修業を積みます。

やがてフランスに魅力を感じた弓削啓太さんは、パリに渡り、フレンチの名店「ギー・サヴォワ」で修業を経験。

そして帰国後は、そのままフレンチの道に進むと思いきや、勤務を希望していたフレンチレストランが一時休業中だったため、イタリアンの世界に足を踏み入れます。

そして、2011年からイタリアンレストラングループの「サローネグループ」に入社。

わずか2年目で、サローネグループが初めて大阪に出店した「クイントカント(QUINTOCANTO)」の初代シェフに抜擢されます。

イタリアンの魅力を知った弓削啓太さんは、イタリアでも修業を積み、帰国後、201811月に現在も所属する「SALONE 2007」のシェフを務めます。

そして、2017年に初出場してから2度目の出場となった「パスタ・ワールド・チャンピオンシップ2019で若手イタリアン・シェフの頂点を極めるのです。

弓削啓太さん、まだ34歳でありながら、フレンチからイタリアンまで、幅広く学ぶ姿がとても素晴らしいですね。

弓削啓太の高校では甲子園に?

弓削啓太 wiki プロフ

世界一の日本人イタリアンシェフ、弓削啓太さんですが、なんと高校の頃は甲子園球児だったとのことです。

出身高校は

鳥栖高校(佐賀県)

です。

鳥栖高校は野球の強豪校で、プロ野球選手を多く輩出しています。

元・横浜ベイスターズ監督の権藤博さん、元・広島東洋カープの緒方孝市さんなどもその1人。

野球部ではないですが、実はお笑いコンビの「どぶろっく」の2人も卒業生です()

弓削啓太さんも鳥栖高校ではサードを守り、甲子園出場経験があるとのことです。

野球で学んだのは「チームワーク」だという弓削啓太さん。

現在シェフを務めている「SALONE 2007」でも、もう1人のシェフの青木一誠さんと「ダブルシェフ」という形を取り、メニュー作りをしています。

弓削啓太 wiki プロフ

また、他のシェフともチームワークを大切にしているとのこと。

仲間を大切にする気持ち、そしてどんな厳しい料理修行もコツコツとやり抜く努力、甲子園球児としての経験が活きていますね!

弓削啓太の世界一になったパスタも紹介!

弓削啓太 wiki プロフ

「パスタ・ワールド・チャンピオンシップ2019」では、世界14カ国の代表が出場。

1回戦の後、8名が選ばれ2回戦に進み、決勝であるファイナルステージでは4名が競い合います。

大会テーマは「The Art of Pasta」。創造・芸術性が求められました。

それでは、ここで弓削啓太さんが手がけた3皿をチェックしてみましょう。

1回戦目

「ペンネ・ゴルゴンゾーラ・プロフーモ・ジャッポネーゼ」

酒、山椒、ゆずなど日本の食材の魅力を引き出したパスタです。

弓削啓太 wiki プロフ

2回戦目

「スパゲッティ・インテグラーリ・イン・サルサ」

「ウェルビーイング」のコンセプトが求められる中でのパスタ作り。食でコンセプトを表現するなんて、素人の私達にはなかなか考えられません!

弓削啓太 wiki プロフ

ファイナルステージ

「ペンネ・ゴルゴンゾーラ・プロフーモ・ジャッポネーゼ」

決勝は初戦と同じメニューでプレゼンテーションを変更したもの。

青い佐賀の有田焼の器で披露し、佐賀の海苔などを使用した、故郷の魅力が沢山詰まった渾身の一皿です。

そして、弓削啓太さんの3皿のパスタの独自性、芸術性の高さが認められ見事優勝。

The Barilla Master of Pastaの称号を手にします。

日本の良さをパスタで最大限に表現してくれたメニュー、ぜひ一度、味わってみたいですね。

まとめとして

世界一になった今も、これからも学ぶ姿勢を持ち続けたいと語る弓削啓太さん。

謙虚な姿勢、本当にすばらしいですね。日本に弓削啓太さんというシェフがいることを誇りに思います。

これからもグローバルに活躍してほしいですね!